カラコン ハーフテクニック

カラコン ハーフ顔になろう

カラコン ハーフ顔になろう ハーフ顔になりたいということでカラコンもハーフっぽいものを選んでという人もいますが、これって一歩間違えると理想とはまったく違った印象となってしまいますから気をつけたいところです。というのもハーフ顔といっても本当にハーフの人や外国人の目などをしっかり見たことがあるでしょうか。つけるだけで印象を大きく変えられるカラコン ハーフ顔になるのも簡単に思えますが、なんとなくで色やタイプを選択してしまうと、自分のイメージするものとは少し違う仕上がりになってしまうこともあります。購入する前に、きちんとイメージするものがどういった雰囲気でどんな感じなのかを確認して選ぶようにしたほうがよいでしょう。

ついついやってしまいがちなのがハーフぽくしたかったのにギャルのようになってしまったというパターンですが、これは盛りすぎてしまっているということです。どんなハーフをイメージするのかイメージに近いモデルさんなどの目をしっかりと観察してみると参考にすることができます。雑誌などで目の部分をよく観察してみるとどのような感じの瞳であるのかを知ることができるので役立ちます。その上でどんなデザインやカラーのカラコンにしたらよいのかを考えると選びやすくもなります。

意外と自分でイメージするよりもカラコンはシンプルなものの方がナチュラルなハーフ顔に近づくことが出来るということも多いのでよく観察してみましょう。もちろんもともとの瞳の色や大きさによっても選ぶべきものには違いがありますから自分の瞳も観察してみるとよいでしょう。なかなか自分の瞳をよく観察してみるということなどはないでしょうからよい機会ということでどんな色なのか濃さはどうなのかなど見てみるのもよいでしょう。自分の瞳を知ることもよりイメージに近いハーフ顔を作るためには必要なことになってきます。特にカラコン初心者といった場合には、まずは自分の瞳の雰囲気などを知り、最初から派手なものを選択するのではなく控えめなものから挑戦してみるとどんな雰囲気なのかを知ることができます。

具体的にどのようなものを選んだらよいのかは、実際に試してみないとなかなか判断がつきにくいものとなってきますが、いろいろと試してみるとどんなカラーがあっているのかやデザインでどのように雰囲気が変わるのかをわかるようになってくるでしょう。いきなり派手なものにしてしまうとかなの変化に戸惑ってしまったりすることもありますから気をつけたほうがよいでしょう。フォーチュンコンタクト

最新の内容